塾講師や家庭教師で生徒指導をする|勉強スキルUP法

自分の持つスキルを活用

塾

塾講師として働くときには集団塾や個別指導から塾のタイプを選ぶ必要があります。塾のタイプによって指導をする内容や、講師に必要なスキルがそれぞれ異なります。集団塾では10名から20名体制の生徒に指導をするため、一人一人をしっかり見ることや生徒全員を勉強に集中させるためにプレゼンテーションを行なう必要があります。初めて塾講師をする人でも最初は研修システムが充実しているため、研修を通してこれからどのような勉強プログラムを組んでいけば良いのかを判断していくことができるでしょう。指導人数が多ければ多いほど塾講師の時給が高くなる傾向にありますが、求められるスキルの質も高くなるので、自分の持つスキルで生徒に満足して教えられるかどうかも考えてから仕事選びをしましょう。また集団が苦手のときは一人から二人など個別で指導をする個別指導塾を選ぶと良いでしょう。

個別指導塾では集団塾に比べて指導をする生徒数は少ないですが、その代わりちゃんと集中して指導することができるのか、またどのような質問が来てもすぐに答えることができるのかというスキルが必要です。塾講師をすることで多くの人とコミュニケーションを取ることができ、生徒だけではなく自分自身も成長していくことができます。塾講師は生徒に指導をするだけではなく、他にも事務や試験監督などの重要な仕事がいくつもあります。そのため塾講師の仕事をするときは、それぞれの仕事をしっかりこなせるように仕事をしながら努力しましょう。